家庭菜園からガーデニングへ移行|不要になったトラクターは買取依頼

適切なタイミングと頻度

畑

芝生をきれいに保つためには、適切な時期に適切な頻度で芝刈りすることが大切です。特に芝刈りをする頻度としては、上から3分の1くらいのところにある成長点を刈ってしまわないように3分の1法のルールで刈ることが重要です。

詳細

芝生の手入れ

男性

芝の種類によっても芝刈りを行うべき頻度や時期は変わってくるので、自分の持っている芝がどのような種類のものなのかをしっかりと確認してから芝刈りを行うようにしましょう。時期によっては月に3〜4回ほど必要な場合もあります。

詳細

美しい庭を造るために

農家の男性

庭木1本から手入れできる

植木屋は以前は庭全体の手入れを行ってまとめて料金を支払う形が一般的でしたが、最近では庭木1本の手入れがいくらという風に明朗会計を売りにしているところが増えてきています。大阪でも家庭によっては庭全体ではなく枝の伸びが目立つ木だけを手入れしたいという要望が増えていて、今後もこういった単体の依頼という形でのサービスが増えると考えられます。仕事内容も木を切るだけでなく庭全体のデザインやガーデニングなどの勉強をして昔ながらの日本庭園だけでなく西洋風の庭造りができる植木屋が大阪でも増えています。造園に関する国家資格や免許も複数あり、様々な資格を持った庭に関するプロが行っている植木屋の需要が伸びていくと予測されます。

庭全体をデザインする

植木屋の特徴は庭に生えている樹木の剪定や手入れを全て依頼できるということです。どのようなテイストの庭にしたいかによって植える樹木や花などの種類が違い、手入れの方法も違うので植木屋はあらゆる樹木の定例に精通したエキスパートであるといえます。庭木の手入れだけでなく雑草を抜いたり芝刈りを行ったり、植木屋の仕事は多岐にわたっています。放っておくとすぐに雑草が生えてくるため大阪でも定期的に植木屋に依頼して庭の手入れをしている家庭が多いです。大阪で新しく家を建てた場合には庭にどんな木を植えてどのようなデザインにするか植木屋に依頼して好みの木を買ったり造園を依頼します。ガーデニングが趣味の家庭には庭の土づくりや肥料の販売も行っています。

ガーデニングスペースを広げる

最近では庭に広いスペースがある場合に、ガーデニングだけでなく家庭菜園を作る方も少なくありません。家庭菜園でもある程度の広さがあるとトラクターを使用する場合がありますが、家庭菜園をやめてガーデニングスペースを広げる際に不要となってしまいます。そのような場合には、トラクターの買取ショップに買取の依頼をするとよいでしょう。トラクターの買取ショップの中には、ネット上で簡単に査定ができるところも多くあります。

楽に作業するために

畑

面倒な草刈には、適したタイミングというものがあります。こまめに抜くというのが大切で、成長してしまう前なら簡単に作業できます。他にも、雨の日の翌日がおすすめですが、数日降っていないのなら、庭に水をまいてからやると比較的楽です。

詳細